ちょっと、手間のかかるお料理も、簡単レシピも色々UPしちゃいます。すべてお勧めなので是非作ってみてね。リンクフリーです・・っていうか、リンクしてちょ♪


by samino_akane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:魚料理 ( 5 ) タグの人気記事

ひさしぶり^-^

わかさぎのチーズフライ

a0038904_13472615.jpg

ほんとに、久しぶりのレシピUPです。

これは、簡単だけどチーズの風味がするフライです。
アレンジとしては、白身魚を代わりにしてもおいしいです。

カリッと揚げてみんなでつまんじゃおう^^


材料
わかさぎ15匹・・・塩水でさっと洗って水をふき取っておく

パン粉1カップ
粉チーズ1/2カップ
塩、胡椒少々


小麦粉、卵、牛乳(各)適量

揚げ油 適量

作り方
①わかさぎに塩、胡椒をして下味をつけておく。
②卵は少量の牛乳を入れて泡だてきでといておく。
③パン粉と粉チーズを混ぜておく。
④わかさぎに小麦粉をかるくふり、②の卵、③のパン粉の順につけていく。
⑤170~180度の油できつね色になるまでカリッと揚げる。


今回は、特に難しいこともなく・・・。

a0038904_13481268.jpg

おいしいよ~。

作ってみてね。。





[PR]
by samino_akane | 2007-07-15 17:05 | recipe
お刺身のヘタ!!なんでもトロロ和え
a0038904_14403863.jpg


このあいだ、sunny cafeの*sakiちゃんと話していたとき・・・。

ブログのランキングについての作戦会議。
(といっても、私たちは特に何もわからず・・・ただ、ひたすらお話^^)

「まかないのお料理UPしてみたら?」

という*sakiちゃんの勧めで、今回は昔大好きだった(今もだけど)まかない飯大作戦です(?)

これは、お刺身を作るときにできるヘタ(切りはし)を山芋のトロロと和えたもので、一緒に混ぜ込む具は、基本的には「刺身のつま」です。

紅たて、貝われ、大根剣・・・となんでもいいのです。

今日は、私の好きな茗荷入りにしてみました。

このお料理は、そのまま食べても、ご飯の上に乗っけてもいいのです。

ほんと、安くておいしいので、お勧めです。

スーパーで、切りはしばかりが売っていたときは、迷わずレッツクッキングですよ~。

もし、売ってない場合は、盛り合わせを小さめに切って混ぜても・・・^^

美味で~す。。

【材料】
a0038904_14412859.jpg

刺身のヘタ 適量・・・大きければおちょぼ口の一口サイズに切っておく。
大葉3枚・・・・刻む。
茗荷・・・・・刻む。
若布・・・小さめに刻んでおく。

山芋100g・・皮をむいて摩り下ろす。
長いも50g・・皮をむいて摩り下ろす。
(長いも、山芋はあわせて混ぜておく)

おろしわさび 適量
卵黄1個
濃い口醤油 適量
(混ぜ合わせておく)

濃い口醤油 適量

【作り方】
①刺身のヘタは、切りたてでない場合は、濃い口30cc、味醂20cc、酒20ccをボールにいれヘタをさっと洗って汁気をきっておく。
②あわせたトロロの中に卵黄とわさびと醤油を混ぜ合わせたものを入れ、①のヘタ、好みの薬味、を入れて箸でしっかり混ぜておく。
a0038904_14432617.jpg

a0038904_14425175.jpg

③味見をして、薄いようなら濃い口醤油を足しておく。
④盛り付けて好みでゴマをふる。

a0038904_14421190.jpg


今回、どうですか?
さすが、まかない料理!!

簡単です。

味を濃い目にして、丼もスルスル食べれますよ^^

味って、このときの気持ちを思い出したりしませんか?
私にとっては、かなり、辛い時期でしたので、なんとなく苦い思い出・・・のせいか・・・。

でも、そのころがあったから今こうして頑張れるんですもんね~。


さぁ、*sakiちゃんの作戦会議の結果がどうなるでしょう?

ポチッとの協力↓おねがいしま~す^-^





[PR]
by samino_akane | 2007-06-15 14:12 | recipe

またですが。。

いわしのふわふわつみれ
a0038904_0312648.jpg


これは、いわしのつみれをかなり食べやすくしたつもりです。

でも、いわしが嫌いな人には駄目でした。。

が!!

レタスを巻いてさっぱりたべてみてくださ~いい!!

けっこう、食べやすかったりして。。


【材料】

いわし3匹・・開いて骨をとり、叩いておく。
生姜1かけ・・みじん切り
大葉3枚・・・・刻む。
長いも20gぐらい・・・皮をむいてすりおろす。
薄口、酒、塩

出汁7:味醂1:薄口1

レタス、プチトマト

【作り方】
①いわしと材料を全部合わせて手で混ぜておく。
②鍋にだし汁を合わせておく。
③②のだし汁が沸いたら、スプーンで①を落として団子にしていく。
④③のだんごに火が少し通ったら、へたをとったプチトマトを入れて少し煮る。
⑤完全に火が入ったら火を止めレタスをいれ、しんなりしたら器に盛る。

いかがでしょうか?

けっこう、簡単にできますよん。


そして、今日の器は。



これです↓。

a0038904_032610.jpg


食べきると、こんなにかわいいワンちゃんが。

癒されます。

この器は、私が前習っていた、陶芸教室の先生作です。

先生が、途中で書くのをやめていたこのワンちゃん。

これがいいので、ほとんどこのままで!!
と、売っていただきました。

うちの子は、私が作ったと思い込んでいるよう・・・・。


ブログの調子がわるくなかなか、私のブログにたどり着けない日々。
やっと、今日こそ!!

と思い、検索。。

ランキング~♪ランキング~♪


がっくし

しっかり元に戻ってました(汗)
今日から、又、ガンガンいくのでクリック4649(よろしく)~♪





[PR]
by samino_akane | 2007-06-14 00:16 | recipe
いわしのしそ揚げ


a0038904_10234045.jpg
これも、私が板場修行に行ってたころのお料理なんだけど、作りたてがほんとうにおいしいの。。

せっかくなので、てんぷらの揚げ方のコツ!!みたいなものもいっしょにUPしておきます。

めんどくさ~い。


なんて、言わないで一度食べてみて。。

その気持ちが吹き飛んじゃうよ~(笑)


【材料】
いわし6匹・・・腹開きにしておく。
大葉(青しそ)3枚・・・半分に切る。
梅干1個・・・種を取っておく。
味醂大匙2杯・・・できれば、煮きってアルコールを飛ばしておくのがいいかな。
いりごま大匙1杯・・すりつぶす。

てんぷら粉 適量
水       適量

【作り方】
①いわしを開いて並べ塩を少々ふって、しばらくしたら、ペーパーで水けをふき少量、打ち粉をしておく。
a0038904_10242921.jpg

②①のうえに大葉をおいていく。
a0038904_1025146.jpg

③すりゴマに梅干と味醂をティースプーン1杯ぐらい入れてすりつぶして混ぜ、練り梅を作る。
a0038904_10252592.jpg

a0038904_10255516.jpg

④②の上に少量の練り梅をぬる。
a0038904_10262689.jpg

④開いていたいわしを戻す。
a0038904_10265012.jpg

⑤④にかるく、小麦粉(てんぷら粉でもよい)をまぶして、*薄目にといたてんぷら粉をつけて、180度の油でからりと揚げる。
⑥器に盛り付けて出来上がり。
あつあつにレモンをジュッって絞って召し上がれ。。

a0038904_10272686.jpg


*てんぷら粉を水で溶くときは、泡だて器でといた方がときやすい。
 水は、少し多めを入れて少しさらりとしているほうがカリッと揚がりやすいようです。
 
*てんぷら粉は日清のコツのいらないてんぷら粉を使っています。。
 一番使いやすい気がします。
*油はできれば、上質の物を。。出来上がりが違います。

*あと・・、てんぷら油用の鍋の大きさにもよるけど、一度に沢山の量を入れて揚げるのは、べっちゃりした、てんぷらを作る原因にもなるので、家庭用の小さめな15センチぐらいの鍋なら、3匹ぐらいでストップです^^
*練り梅を作るのが面倒な場合、市販のチューブの練り梅を使っても・・。
 (味は作った方がおいしいけど。。)


レシピブログランキング参加しています。

89位でした。
ありがとう~。
まだまだ、がんばります^-^

次回は、押し麦のスープをUPしちゃいます。
このスープは女性に大人気です。。

おたのしみ~の方クリックおねがいしま~す。





[PR]
by samino_akane | 2007-06-01 15:48 | recipe

ホントはこれが得意

鯛のアラ焚き


今日の教室は初心者コースの教室でした。


a0038904_041854.jpg
で、作ったのは↑これ。

アラ焚きは本当に得意なんです。
こってり焚いてごはんのおかずにぴったりです。

他も、けっこう、簡単なお料理をレッスンさせていただきました。
a0038904_0454934.jpg

鮪漬け丼と独活の酢味噌和えです。

かなり簡単すぎて申し訳ないかなぁ~と思っていたのですが、

「こういうのが好き!!」
といっていただいて安心いたしました。

鮪は濃い口醤油、味醂、酒を同割りに合わせ漬け込むだけの簡単メニュー。

独活は、この地方の食べ方での味付け。
もっと、上品に仕上げるなら、もちろん白味噌がいいのですが、田舎は味噌汁を作るときの味噌の方が、おかずになるので好まれます。

田舎は肉体労働が多いですからね。




ランキング・・・。

問題は写真か?

心をつかむ写真や文章ってなかなか難しいもんですね^^

しか~し!!
継続は力なり!!

続けてぶっ飛ばして頑張りま~す。
ポチッとよろしくです。


[PR]
by samino_akane | 2007-04-21 23:31 | cooking class